Photo

2017年10月4日水曜日

日本の聖ニコラス (+1912) - St Nicholas Kasatkin of Japan


SAINTS OF MY HEART


日本の聖ニコラス (+1912)

St Nicholas Kasatkin of Japan

ニコライ (日本大主教)

ニコライ(修道誓願前の姓:カサートキン、 1836年8月1日(ロシア暦) - 1912年2月16日)は日本に正教を伝道した大主教(肩書きは永眠当時)。日本正教会の創建者。正教会で列聖され、亜使徒の称号を持つ聖人である。

「ロシア正教を伝えた」といった表現は誤りであり(後述、ニコライ本人も「ロシア正教を伝える」のではなく「正教を伝道する」事を終始意図していた。

ニコライは修道名で、本名はイワン・ドミートリエヴィチ・カサートキン。日本正教会では「亜使徒聖ニコライ」と呼ばれる事が多い。日本ではニコライ堂のニコライとして親しまれた。

神学大学生であった頃、在日本ロシア領事館附属聖堂司祭募集を知り、日本への正教伝道に駆り立てられたニコライは、その生涯を日本への正教伝道に捧げ、日露戦争中も日本にとどまり、日本で永眠した。

生涯

初期

スモレンスク県ベリスク郡ベリョーザの輔祭、ドミトリイ・カサートキンの息子として生まれる。母は5歳のときに死亡。ベリスク神学校初等科を卒業後、スモレンスク神学校を経て、サンクトペテルブルク神学大学に1857年入学。在学中、ヴァーシリー・ゴローニンの著した『日本幽囚記』を読んで以来日本への渡航と伝道に駆り立てられたニコライは、在日本ロシア領事館附属礼拝堂司祭募集を知り、志願してその任につくことになった。

在学中の1860年7月7日(ロシア暦)修士誓願し修道士ニコライとなる。同年7月12日(ロシア暦)聖使徒ペトル・パウェル祭の日、修道輔祭に叙聖(按手)され、翌日神学校付属礼

2017年8月18日金曜日

キリストの生涯 - マタイによる福音書 - 新約聖書 Matthew - New Testament - Japanese Living Bible


JAPAN OF MY HEART


キリストの生涯 - マタイによる福音書 - 新約聖書

Matthew - New Testament

Japanese Living Bible

ソース:

http://www.biblica.com/bible/jlb/

http://www.biblica.com/en-us/bible/bible-versions/japanese-living-bible/

http://www.biblica.com/uploads/pdf-files/bibles/japanese/nt/bible-japanese-matthew.pdf

BIBLICA

新約聖書
キリストの生涯
聖書の中心はイエス・キリストです。では、いったいキリストとはどういうお方で、何を
なさり、どんなことをお語りになったのでしょうか。ここには、キリストと行動を共にし、
その教えを受け、さまざまな出来事を見聞きした人々の証言を、それぞれ違った観点から
まとめた、四つの記録が収められています。四人の著者は、キリストの直弟子もいれば、
そうでない者もおり、社会的地位も、取税人、青年、医者、漁師と、全く異なります。こ
の四人の目をとおして、キリストの姿が生き生きと描かれています。
マタイの福音書(取税人マタイの記録)
マタイは、税金を取り立てる役人でした。 当時、彼らの中には、不正に多く取り立てて、
自分のものにする者がいたので、人々にきらわれ、軽べつされる職業でした。 しかし、
イエスは、あえてそのような人を弟子になさったのです。 イエスに出会ったマタイの生
活は一変しました。 いっさいを捨てて彼にお従いしたのです。 そしてこのイエスこそ、
以前から神の預言者によって、この世に現われると言われ続けてきた救い主であることを、
人々に伝える者となったのです。

1 初めに、イエス・キリストの先祖の名前を記すことから始めましょう。 イエス・キ
リストはダビデ王の子孫、さらにさかのぼってアブラハムの子孫です。
2 アブラハムはイサクの父、イサクはヤコブの父、ヤコブはユダとその兄弟たちの父で
す。
3 ユダはパレスとザラの父〔彼らの母はタマル〕、パレスはエスロンの父、エスロンはア
ラムの父です。
4 アラムはアミナダブの父、アミナダブはナアソンの父、ナアソンはサルモンの父です。
5 サルモンはボアズの父〔母はラハブ〕、ボアズはオベデの父〔母はルツ〕、オベデはエ
ッサイの父です。
6 エッサイはダビデ王の父、ダビデはソロモンの父〔母は、もとウリヤの妻〕です。
7 ソロモンはレハベアムの父、レハベアムはアビヤの父、アビヤはアサの父です。
8 アサはヨサパテの父、ヨサパテはヨラムの父、ヨラムはウジヤの父です。
9 ウジヤはヨタムの父、ヨタムはアハズの父、アハズはヒゼキヤの父です。
10 ヒゼキヤはマナセの父、マナセはアモンの父、アモンはヨシヤの父です。
11 ヨシヤはエコニヤとその兄弟たちの父です〔彼らは、イスラエルの人たちがバビロ
ンに移住していた時に生まれました〕。
12 バビロンに移住してからは、エコニヤはサラテルの父、サラテルはゾロバベルの父
です。
13 ゾロバベルはアビウデの父、アビウデはエリヤキムの父、エリヤキムはアゾルの父
です。
14 アゾルはサドクの父、サドクはアキムの父、アキムはエリウデの父です。
15 エリウデはエレアザルの父、エレアザルはマタンの父、マタンはヤコブの父です。
16 そして、ヤコブはヨセフの父です〔このヨセフが、キリストと呼ばれるイエスの母

2017年7月30日日曜日

シラクサのルチア St Lucy of Sicily, Italy


ITALY OF MY HEART


シラクサのルチア

シラクサのルチア (イタリア語:Santa Lucia, 英語:Saint Lucy 伝承による生没年:283年-304年)は、聖ルチアの名で知られるキリスト教の殉教者。目、及び視覚障害者、そしてシラクサの守護聖人。

記念日は、西欧では12月13日。

『ルチア』とはラテン語で光を意味するLuxまたはLucidから派生した名前である。

確かなことは、ディオクレティアヌス帝支配下のシラクサで304年に殉教したという事のみである。彼女の犠牲はローマに広まり、6世紀には彼女を信仰の守護者として、教会全体で讃えるようになった。
ローマ人であったルチアの父が死ぬと、彼女と母エウティシアは何の後ろ盾もなかった。エウティシアは4年あまりも瀉痢に苦しんだが、ルチアは聖女シチリアのアガタの奇跡を聞きつけ、ミサに参加した。エウティシアの病が癒されるよう、2人は聖アガタの墓前で一晩中祈り続けた。いつしか母子は眠ってしまうと、ルチアの枕元に聖アガタが姿を見せ、『私がそうしたように、あなたはすぐシラクサの栄光となるのです。』と言った。エウティシアはたちまち全快した。
エウティシアはルチアを異教徒と政略結婚させようとしたが、ルチアは自身の処女を守るために、持参金を貧者への施しとしてほしいと拒んだ。エウティシアは持参金が良い遺産になると示唆したが、ルチアは逆に母を説き伏せた。自分にはより高貴な婚約者(すなわちキリスト)がいるというのである。その異教徒は思いのままにならないルチアに怒り、彼女を実はキリスト教徒であり、神への犠牲として火炙りにすべきだと密告した。ルチアを引き立てに来た兵士たちは、彼女を動かすことができなかった。ルチアは聖霊に満たされた、山のように強固な存在となっていたのである。牛の一群に彼女をつないでも動かなかった。彼女の喉元に剣を突き立てても、ルチアは自らを迫害する者たちに予言していたのである。最後の拷問として、ルチアは両目をえぐり出された。奇跡が起き、ルチアは目がなくとも見ることができた。絵画や像では、彼女はしばしば黄金の皿の上に自分の眼球を載せた姿で描かれる。

Wikipedia


2017年7月29日土曜日

聖金口イオアンの聖体礼儀 Divine Liturgy of St John Chrysostom – PDF



聖金口イオアンの聖体礼儀 Divine Liturgy of St Chrysostom

PDF

フェイスブック Facebook: 日本ハリストス正教会 Japanese Orthodox Church



日本ハリストス正教会 Japanese Orthodox Church

フェイスブック Facebook

アトス山 – 正教会 Athos ╰⊰¸¸ •¨* ビデオ Video


EX 2X2 LETTERS FROM GREECE



アトス山 – 正教会 Athos

十字架 – 聖なる火 – 聖墳墓教会 Crosses & Holy Fire, 2015 ╰⊰¸¸ •¨* ビデオ Video


COMING HOME - ORTHODOXY



十字架 – 聖なる火 – 聖墳墓教会 Crosses & Holy Fire, 2015

エギナの聖ネクタリオス (+1920) St Nektarios of Aigine


SAINTS OF MY HEART


エギナの聖ネクタリオス (+1920)

(St Nektarios of Aigine Island, Greece)

エギナの聖ネクタリオス

エギナの聖ネクタリオス(英語: Saint Nektarios of Aigine、1846年 – 1920年)は、正教会の聖人。日本正教会で多用される教会スラヴ語由来の転写ではネクタリイ。

修道院の設立と指導、数多くの著述、信徒の精神的指導、および数々の奇蹟によって知られる。神学者、哲学者、詩人、教育者、禁欲主義者、神秘主義者などと称されるほどの多才な面があった。歌詞は公祈祷の祈祷文によるものではないが、全世界の正教会で愛唱される聖歌『アグニ・パルセネ』を作曲してもいる。

1846年10月1日、トラキアのシリヴリアの貧しい家庭に生まれた。生まれた際の俗名はアナスタシオス・ケファラス。14歳のとき、働きつつ教育を受けるためにコンスタンディヌーポリに移住。1866年からはキオス島の学校で教えつつそこに7年間住み、30歳で修道士となる。3年後、輔祭となり、ネクタリオスの名を与えられる。1885年にアテネ大学を卒業。大学時代から、多くの聖書註解を含む多くの著述を行う。

アレクサンドリアで司祭に叙聖され、カイロの教会に奉職。これは名誉ある職分であった。1889年に敬神の念と説教者としての実力、牧会能力が評価され、総主教ソフロニオスによりペンタポリス府主教に叙聖される。すぐにネクタリオスの人望が高まるが、その声望を妬んだ聖職者達によって噂が立てられ、噂を信じてネクタリオスの弁明を聞かなかった総主教ソフロニオスにより、弁解の機会も与えられず教会裁判の手続きも経ず、エジプトから追放される。1891年にギリシャに戻り、何年かを説教者として過ごす。

1894年にアテネ・リザリオス教会学校の校長を任ぜられ、15年間在職しこの間多くの著作をのこす。1904年には何人かの修道女の求めに応じ、エギナ島に至聖三者女子修道院を設立する。1908年12月に神学校校長の職を辞し、エギナ島の至聖三者女子修道院に一修道士として隠棲する。ここでも著述を行い、精神的指導を求めて来る近隣の人々の痛悔を聞いた。
1920年11月9日、永眠。永眠後の遺体の傍らで、重病人が快癒する奇蹟が起きたと伝えられている。埋葬式には多くの人がギリシャ・エジプト全土から訪れた。1961年4月20日に列聖。生前からネクタリオスを聖人とみる人々が多かったが、正式な列聖はこの日に行われた。

Wikipedia